Ricafeの情報などをお知らせするブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ricafeとは?
『たくさんの人に科学の楽しさを知ってほしい!』

そんな想いから私達 北海道大学で学ぶ有志が、札幌で立ち上げたサイエンス・カフェです。詳しくは、Ricafeホームページ(http://ricafe.web.fc2.com/)へ。

※この記事は常に一番上にあります。
スポンサーサイト
元気プロジェクト2006報告書、公開!
こんにちは。久しぶりの書き込みになります。

新しい年度が始まりましたね。
Ricafeの活動ももう2ヶ月ほどで丸一年。 正直なところ、今後の方針や目標など、Ricafeとしていろんな迷いを抱えている時期でもあるのですが、でも、少しずつまた前に向かって歩き始めました! 引き続きご注目ください!!

 *     *
ところで、2006年度は、Ricafeの活動資金は北海道大学の「北大元気プロジェクト」による援助を受けていました。先日その元気プロジェクトの報告書を作成し、提出したのですが、報告書の内容をネット上で全世界に公開いたします!!

 ● こちら からどうそ

(文責:いのうえ)
[元気プロジェクト2006報告書、公開!]の続きを読む
Ricafe in あうん たくさんの参加ありがとうございました
2月25日(日)に 『ロウソクの科学』+絵本の読み聞かせ+フォルクローレの集いがJAZZ&CAFE あ・うんで催されました。

身内もあわせると全部で40人もの人が参加してくれました。
たくさんの参加本当にありがとうございました。
ちびっこからお年寄まで、さまざまな世代の方に楽しんでいただけるイベントに関わらせていただけたことを大変うれしく思います。

『ロウソクの科学』も楽しんでいただけたと思っておりますが、なんといってもその後にあった『絵本の読みきかせ』と『フォルクローレの集い』がなんといってもすばらしかったです。

科学と芸術という人類の発明した偉大な二つの文化が、こんな身近で素敵なコラボレーションを見せてくれました。今回のテーマのひとつ「つながり」で、またひとつ新しい楽しみを、みなさんと作ることができました。

文責:しみずあきし

[Ricafe in あうん たくさんの参加ありがとうございました]の続きを読む
【ご案内】 Ricafe in あうん  『ロウソクの科学』+絵本の読み聞かせ+フォルクローレの集い
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
2月Ricafeのご案内をお届けします。


Ricafe in あ・うん 2007年2月



●テーマ:『ロウソクの科学』+絵本の読み聞かせ+フォルクローレの集い
●日 時:2月25日(日)、16時~18時
●場 所:CAFE & JAZZ あ・うん(詳しくは、http://www7a.biglobe.ne.jp/~aun/)
●参加費:親子券 1200円(1人増毎500円) 大人券 1000円 

今回のRicafe Blogのタイトルを見てあれ!?っと思われた方もいらっしゃると思います。そうです、12月のRicafe『ロウソクの科学』の再演となっています。ですが、ただの再演ではありません。『ロウソクの科学』と"絵本の読み聞かせ"と"フォルクローレの集い"とのコラボレーションといった形式で盛り沢山の内容となっています。

文責:清水明士(しみずあきし)


(注)今回のRicafeは「あ・うん」さんがオーガナイズしてくださっています。お問い合わせ等は、「あ・うん」さんまでお願いします。

●CAFE & JAZZ あ・うん
URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~aun/
住所:札幌市西区西野8条2丁目11-7
TEL :011-667-3255
定休日:毎週火曜日
営業時間:AM10:00~PM10:00
[【ご案内】 Ricafe in あうん  『ロウソクの科学』+絵本の読み聞かせ+フォルクローレの集い]の続きを読む
第6回Ricafe、無事終了!
第6回Ricafeの話題提供を担当した井上です。

すごく楽しい時間でした!
会場でもお話しましたが、大学の授業で習って以来、誰かに話したくってしょうがなかった思いを、Ricafeという場で皆さんと共有することができ、とっても幸せな気分です☆ 『音色』のような、つかみ所のない物についても、不思議を紐解くきっかけを与えてくれる科学ってやっぱり面白いですよね。 そして、そういう楽しみを共有できる仲間がいることは本当にうれしいことだな、ということも改めて実感しました。

会場まで足を運んでくださった皆さん、改めてありがとうございました。 終わったあとにも何人かの方とお話しましたが、尽きることのない科学の語り合い^^を、これからも絶対に続けていきたい、と思いました。(何にも代えがたいものですね!)
 また、素敵な音色を提供してくれた吉岡さん、そして準備やイベント中いろんな面でバックアップしてくれたRicafeの仲間にも、とても感謝しています。 (後ろのほうで、『(しゃべるのが)速いよー』などといったカンペを出したりしてくれてました。)

話の仕方や進行、会場作りなど、反省点もいろいろとありますが、そういうところをさらに今後に活かして、これからも科学を味わう場を作っていけたら、と思います。 というよりも、もっと率直に言えば、こういう醍醐味があるからやめられないな、くせになっちゃうな、っていう気分です。

_____
さて、最後に、今後のRicafeについても少しだけお伝えします。次は昨年12月に行ったファラデーのロウソクの科学の再演ですね。 こちらのブログで、近いうちに詳細をお知らせできると思います。 引き続きご注目ください!

音色の科学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。